柴原医院

つくば市、内科、消化器科、胃腸科、内視鏡検査、小児科、往診、訪問診療、グループホーム、柴原医院

〒300-2617 茨城県つくば市吉沼1151
TEL 029-865-0511

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯サイトが閲覧可能です。

カプセル内視鏡

カプセル内視鏡検査は、カプセル型のカメラを飲み込んでいただく検査です。
そのカプセルカメラが、腸の中の写真を撮りながら進んでいきます。

カプセル内視鏡には、小腸用大腸用があります。

 

 

小腸用カプセル内視鏡

小腸は、通常の胃カメラや、大腸カメラでは、観察できません。

小腸カプセル内視鏡は、原因のわからない下痢、腹痛、血便が見られ、小腸の病気が疑われる方が対象となります。

検査前に下剤を飲む必要もありませんので、比較的簡単な検査です。



【検査方法】

前日は、特に食事制限などはありません。

病院で、朝、カプセルを飲んでいただきます。
その後、定期的に、カプセルの進み具合を確認します。

途中は、外出していただいても大丈夫です。

カプセルが、小腸を通りすぎたら、検査終了です。
検査時間は、おおよそ3-5時間です。


 
小腸用カプセル内視鏡

 

大腸用カプセル内視鏡

これまで、大腸内視鏡検査を受けた時に、痛みが強くて大変だった方もいらっしゃるかと思います。

大腸カプセル内視鏡は、そのような、普通の大腸カメラが行えない患者さんが保険適応となります。



【大腸カプセルカメラの検査方法】

前日は、消化の良い食事をとっていただきます。
また食事の後と寝る前に下剤を飲んでいただきます。

当日は、まずカプセルを飲んでいただきます。
その後は、カプセルの進み具合を確認しながら、適宜下剤を追加していきます。

早い方では、3-5時間程度でカプセルが排泄されます。
(非常に時間のかかる方もおられます。)
途中でお帰りいただき、おうちで過ごしていただくこともできます。
カプセルが排泄されたところで、検査終了です。




 
大腸用カプセル内視鏡