柴原医院

つくば市、内科、消化器科、胃腸科、内視鏡検査、小児科、往診、訪問診療、グループホーム、柴原医院

〒300-2617 茨城県つくば市吉沼1151
TEL 029-865-0511

※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯サイトが閲覧可能です。

胃・大腸内視鏡

食道胃内視鏡検査

当院では、なるべく苦痛なく、丁寧に、そして時間をかけない検査を心掛けております。


毎年600-800件ほどの内視鏡検査を行っております。

内視鏡は、最新型の細いカメラ(直径約5mm)を使い、
経鼻内視鏡検査も行っております。

また、早期食道癌の診断に有用な、最新型のNBIという診断装置を導入しました。

☆ お急ぎの方は、なるべく早急に対応させていただきますので、お電話ください(029-865-0511)。

 

大腸内視鏡検査

当院では、
“安全で、無理のない、痛くない大腸カメラ”
を心がけております。



大腸内視鏡は、当院のもっとも専門としている検査です。

20年以上の経験があり、現在、年間約300件ほどの検査を行っております。


検査はたいてい10分以内に終了します。

検査中に痛みを訴えて、検査を中断する患者さんは、ほとんどおられません。

これまで、大腸検査で辛い思いをしたことがある方は、ぜひ一度ご相談ください。



また、必要に応じて、その場で大腸ポリープの切除も行っております。

ポリープを切除しても、入院は必要ありません。

検査が終了後も、通常は、特に制限なく、そのままお帰りいただけます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        『痛くない大腸検査』??


大腸検査は痛い、怖い、という声をよくお聞きします。
でも、実際はどうでしょうか?

当院で大腸検査を体験された方の中には、個人差がありますが、
胃カメラよりもむしろ楽だったという方も少なくありません。

大腸検査が痛いという理由は、お腹の中に空気を入れすぎたり、
無理にカメラを押し込み、腸を引き伸ばすことが原因です。

当院では、最小限の空気だけで検査を行います。
また、腸の走行に沿うようにカメラを進めるために、腸を無理に引き伸ばすこともありません。


これまで大腸検査で辛い思いをされたことがある方は、ぜひ一度ご相談ください。

なお、当院では、通常は、痛み止めは使用しません。
ほとんど痛みを訴える方はおられませんし
万一、
痛みがある場合には、安全を考慮して、無理に検査を続けないほうが良いと考えています。

痛み止めなしでも、99%の方は、検査を最後までスムーズに受けていただいております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【検査方法】

まず、検査準備用の個室で、検査用の下剤を2-3時間かけてゆっくり飲んでいただきます。

お腹がきれいになりましたら、肩に、腸の動きを抑える注射を行います。

その後で、内視鏡検査を行います。